Our Little Thing - Creating A Sustainable Lifestyle In Patagonia

Creación de un estilo de vida sostenible en Patagonia  パタゴニアでサステイナブルな暮らし作り

Harvest Season in Patagonia - Abundance in Life 収穫の秋!人生がぐんと豊かに。

Last spring, I have planted more than 30 types of vegetables and herbs in our permaculture garden, and now we are harvesting plenty of vegetable, all organic. Our garden did very well and amazed all the visitors. (Here in Southern Hemisphere, it's autumn in March)

I learned how to make permaculture garden from the last two trips to South Africa in 2009 and 2010 when we brought hundred Japanese volunteers to plant trees and permaculture garden with local children and adults in the townships such as Alexandria. We worked with Food and Trees For Africa (FTFA) which was found by Paul's friend, Jeunesse Park in 1990 to help disadvantaged community to grow their own food. Jeunesse started Edu Plant program in 1994 to educate teachers and children to plant permaculture garden to produce their own food. This was a big success and now hundreds of schools in South African have permaculture garden and eat nutritious food from their garden, and this helped to increase childrens' immune system and reduced AIDS.

Anyway, having seen African kids growing amazing organic vegetables in very simple way, we thought, "Why not?" and we did. We did very well.

Having heard about our garden or having seen our vegetable photos on Facebook, more and more people came to visit our garden and learned a little bit about permaculture. Our neighbors started asking us if we want to sell our vegetable, because all the vegetable sold in shops have to be transported long way by ferry only once a week, and always look tired or rotten. So our plan is to advance our permaculture garden this year by planting more fruit trees and grow more food, and hopefully share with more people.! It will be a lot of fun!

去年の9月からパーマカルチャーの畑を始めて、30種類以上の野菜やハーブを植えました。それが、今、秋になって収穫の時期を迎えています。初めての試みにしては、素晴らしい出来栄えで、訪ねてくる人たちはみな「うわあ、すごい」と驚いてくれます。(南半球では今、3月が秋です)

パーマカルチャーのことを知ったのは、南アフリカへ行ってからです。2009年と2010年に、100人の日本人ボランティアの人たちと南アフリカへ行って、タウンシップ(貧困地域)で地元の子供たちや大人たちと木を植えたり、パーマカルチャーの畑を作るというツアーを2回やりました。南アフリカでは、ツリー・アンド・フード・フォー・アフリカ(木と食をアフリカに)(FTFA)という団体と一緒にプロジェクトをやりました。FTFAは、ポールの長年の友人、ジュネス・パークさんが1990年に作った組織で、南アフリカのアパルトヘイトが終わった後、貧しい黒人の人たちが自分たちの住む庭に木を植えたり、自分たちで食べものを作れるようにしてあげたいという想いから始まりました。1994年には、「エジュプラント」というプログラムも始まり、これは、全国の学校で子供たちと先生がパーマカルチャーの畑を作るプログラムで、今では何百もの学校で実施されています。子供たちが野菜の作り方を覚えるだけでなく、学校給食で栄養豊かなものを食べられるようになり、免疫が上がって、エイズにかかる子供が少なくなったそうです。

そんなわけで、アフリカの子供たちが見事な野菜を作っているのを見て、よし、私たちもやってみよう!とパーマカルチャーに挑戦したわけです。結果は大成功でした。私たちの畑のことを聞きつけた人は、フェイスブックに載せた収穫の写真を見た人たちが訪ねてくるようになり、少しずつパーマカルチャーのことも広まっています。近所の人たちからは、「野菜を売ってほしい」という声も聞くようになりました。村の人たちは、週に一度、フェリーで遠隔地から運ばれてくる野菜を買うしかなく、種類が少ないうえに、ほとんどの野菜は店に着くころには、しおれていたり、腐っていたりするのです。

なので、次のシーズンには、もっと果樹を植え、畑を大きくし、もう一つ、アースバックのビニールハウスを作って、もっとたくさん野菜や果物を収穫できるようにするのが目標。たくさんの人と、シェアできるようにしたいです!

Views: 256

Comment

You need to be a member of Our Little Thing - Creating A Sustainable Lifestyle In Patagonia to add comments!

Join Our Little Thing - Creating A Sustainable Lifestyle In Patagonia

Comment by tim james on March 28, 2012 at 7:34pm

Yummy!!....so healthy and appetizing ....great wholesome food

Comment by Dorota Stańczyk on March 28, 2012 at 5:05pm

great ! :) clean and ready to eat :D enjoy ! 

..bad that i need go to buy this at shop :(.. ;-)

Comment by Shane D. Shirley-Smith on March 28, 2012 at 3:54pm

Beautiful!!  Yum!!

Comment by Luis Felipe Matias Dacosta Neghm on March 28, 2012 at 2:16pm

zanahorias, beterragas, zapallos italianos, pepinos, tomates pomarola, papas y lavanda.................... muy bueno !!! vamos bien------- next time.... watermelons, melons and grapes to make wine much xD xD.....

© 2017   Created by Paul Coleman.   Powered by

Report an Issue  |  Terms of Service